シングルマザーは余裕がないから恋愛できない

シングルマザー(バツイチ子持ち女性)は、自分自身の内的要因と、周りの方が持つシングルマザーへのイメージという外的要因があるため、恋愛するのが大変だと思います。内的要因を一言で表すならば、あらゆる面で余裕がないことが理由だと思います。まずは金銭面です。経済的な余裕が無い中で子供を育てて行かなければならない、日々の生活費を捻出しなればならない、自分の老後のための貯金をしなければならないとなると、交際費は節約したいものです。次に、時間に余裕がありません。仕事が終われば、子どものために食事をつくったり世話をしたり、子どもが寝てから副業をしているという話も耳にします。仕事が終わってからデートというのは難しいので、なかなか異性と親しくなるチャンスや出会いの機会を作るのは難しいです。最後に、精神的な余裕の無さです。経済面や時間に追われていると、日々のことをこなすことに精一杯で、恋愛のことを考える余裕を持てません。また、自分に恋人ができたら子どもはどう思うだろうと考えたり、子どもが恋人と仲良くなれるだろうか、ひいては将来的に恋人を親として見てくれるだろうかと考えたりします。子どものことだけではなく、気になる人がシングルマザーについてどう思うかや、その親御さんが自分についてどう思うかも気になるところです。好きになったから恋愛に発達させたい!と、行動に移すということにハードルを感じてしまうのです。このように、バツイチ子持ち 出会いがあったとしても内的要因のせいで恋愛に踏み出せないかたが多いのではないかと思います。しかし、内的要因がクリアできても、外的要因が恋愛を阻むこともあります。シングルに対するイメージが決して悪くなくても、恋愛に発展するとなると、お子さんと仲良くできるだろうかと考えたり、結婚が最終目的であれば、養子縁組云々と考えていくと、もし奥手なかたなら諦めてしまいそうな課題があります。せっかく良い出会いがあっても、内的要因もしくは外的要因のどちらかが阻めば、恋愛に発展することが難しくなってしまうのです。そのためシングルマザーは恋愛するのが大変なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です